>

異変を感じたらすぐ病院へ行く

癖を改善する努力が大事

自分の癖を、見直してください。
歯ぎしりが癖になっている人はいませんか。
無意識にやってしまう行為でしょうが、歯ぎしりは顎関節症の原因になります。
今は大丈夫でも、ずっと続けているとダメージが蓄積されます。
将来顎関節症になるので、今から予防してください。
癖を解消することで、歯や顎を守れます。

自分が歯ぎしりしていることに気づいたら、すぐやめてください。
常に自分がどんな行為をしているのか、意識的に確認しましょう。
無意識の状態になると、すぐ歯ぎしりをしてしまうかもしれません。
どんなに頑張っても歯ぎしりをやめられない人は、ガムを噛んだり飴を舐めるのが良い方法です。
何かを食べていれば、歯ぎしりをしなくなるでしょう。

スポーツが好きな人は注意しよう

激しいスポーツに取り組んでいる時に、力を入れると歯を食いしばります。
それが歯や顎に悪影響を与えているので、控えてください。
しかし歯を食いしばらないと、力を込められない人も見られます。
歯を食いしばってもダメージを与えないように、マウスピースを使うのがおすすめです。

マウスピースを噛んでいれば、歯や顎を守れます。
自分の口内の形に合っているマウスピースが必要なので、歯医者に行って作ってもらってください。
子供も、マウスピースが必要です。
特に子供は歯が未発達なので、ダメージを受けやすいです。
成長に合わせて、マウスピースを作り替えてください。
スポーツをする人だけでなく、観戦するのが好きな人も注意しましょう。


この記事をシェアする